ルテインのサプリメントをゲットしよう|奇跡のサングラス成分

女性

光から目を守る成分

錠剤

目にダメージを与える光

人が物を見るためには、目に光が入る必要があります。目に入ってきた光を電気信号に変換し、電気信号が脳に伝わることで物を見ることができるのです。見るためには光はなくてはならない存在ですが、目に負担をかけてしまう面があります。特に紫外線やブルーライトは、目に大きな負担をかけてしまいます。また、紫外線やブルーライトが目に当たると、活性酵素が活発に生成されます。過剰な活性酵素は、目の老化を早めてしまう原因となります。紫外線やブルーライトの2つの負担による目のダメージを軽減するためには、ルテインを積極的にサプリメントで摂ることが重要です。ルテインは目の網膜に存在する成分です。しかし、40歳前後をピークに減少することが分かっています。40歳を過ぎたら、ルテインが配合されたサプリメントを毎日飲むことをおすすめします。

2つの効果で目を守る

ルテインが紫外線やブルーライトから目を守るのは、2つの効果を持ち合わせていることが理由です。1つ目の理由が、紫外線やブルーライトを吸収する効果です。ルテインが存在する網膜の黄斑部は、光が最も集中する部分です。ルテインは集中する光を吸収する役割を果たしており、網膜全体を守っています。ルテインが不足すると光を吸収するものがなくなるため、網膜全体が大きなダメージを受けるようになってしまいます。サプリメントで補い、網膜を守る必要があります。2つ目の理由が、活性酵素を抑制する効果です。老化の原因である活性酵素は、強烈な光が目に当たることで目の細胞に過剰に分泌されます。この活性酵素の分泌を抑制する効果がルテインにはあり、目の老化を予防してくれます。特に高齢者の方はルテインが不足しているため、サプリメントでルテインを積極的に摂取することが重要です。